音楽の聴かず嫌い。 ~洋楽ロック完全攻略メソッド~

「良さがわからない」音楽(主に洋楽ロック)のHow to listenをレクチャーするブログ。

星野源『アイデア』はヒツジの皮を被ったオオカミ。楽曲分析&ニューアルバム大予想!

 

連続ドラマ小説「半分、青い。」の主題歌『アイデアがいよいよ本日配信リリースされました!!

 

f:id:nusk:20180820224829j:plain

 


ドラマの方もなかなかクセが強いようですが、この主題歌「アイデア」も、やはり一癖も二癖もありました

 
今回は、ドラマのショートver.ではわからない「アイデア」の全貌を最速レビュー。

そして、来たるニューアルバムへのnusk的大予言もしてみたいと思います!

 

ニューシングル『アイデア』、まだお聴きでない方は、Youtubeでいますぐご試聴ください!

 


星野源 - アイデア【Music Video】

 

 ※星野源の「知られざる魅力」について、まとめた記事はこちらです。

nusk.hatenablog.com

 

 

『アイデア』楽曲分析

 

さて、楽曲はお聴きいただけましたでしょうか?

あまりにめまぐるしい「プログレッシヴ」な展開に、頭がフリーズしちゃいますよね(笑)

 

まず「1番」は、私たちがドラマで毎朝聴いてる通りです。
弦楽器のオリエンタルな響きと、ドラムが刻む、やけにテンポの早いリズム(モータウンコア!)、そしてギターとドラムの引き締まったアンサンブルは、「恋」ゆずり。

もはやこの唯一無二のバンドアンサンブルは星野源といって間違いないですよね。

 

f:id:nusk:20180820215334j:plain


さて、「2番」からが未知の領域!

心して聴きましょう!

2番に入ると、急にバンドの賑やかさが消え、「打ち込み」主体のメロウなパートに。

2010年頃に流行した「ダブステップ」を彷彿させます。


James Blake - The Wilhelm Scream

 

バンドサウンドから、こういったブラックミュージックに自然に移行できるのが星野源のすごいところですよね。

 
※ブラックミュージックについてはこちらの記事をご覧ください。

nusk.hatenablog.com


…と、感心してるのも束の間、エレクトリックな音が増えてきて、徐々にテンポが上昇してきました。

いよいよサビに突入!

 
サビはなんと、バッキバキのドラムンベースでした。

 

f:id:nusk:20180820222453j:plain


ドラムンベースとは、超絶ドラムプレイを模した「高速打ち込み」を中心とした疾走感あふれるクラブミュージックです。

90年代にイギリスで大流行しましたが、現在のクラブシーンにもしっかりと根付いています。

 


Roni Size, Reprazent - Brown Paper Bag


クラブシーンでは定番なのですが、J-POPでドラムンベースのトラックなんて使われることはほとんどないです。

今の時代に、しかもJ-POPの最前線で「ドラムンベース」を提示するとは…

星野源、相変わらず攻めてます。

 
しかし前回の記事でも述べたように、モータウンコアとドラムンベースにはやはり共通点がありそうですね。

はじめはギョッとしましたが、全体で聴くと違和感のないまとめ方は流石です


さて、そんなサビパートのテンションをキープしたまま、間奏へ。

間奏では、「EDMトラップ」的なリズムとノイジーな電子音に、ストリングスと、鋭いギタープレイが絡み合います。ハードでミニマルなエレクトロサウンドから、個人的には砂原良徳のアルバム『liminal』を思い出しました。

 

Physical Music

Physical Music

  • 砂原 良徳
  • エレクトロニック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 MVでは圧巻のダンスシーンにあたるこの間奏部分は「第2のサビ」と呼んでもいいほどの盛り上がりをみせます!


「もう何も驚かないぞ!」と身を構えていると、お次Cメロはアコギ弾き語りパート(泣)

 

f:id:nusk:20180820224232j:plain


…と、最後はゴキゲンな「安心・星野源印」のバンドサウンドで締めくくられるのですが、数十秒ごとに、目まぐるしく曲調が入れ替わる様は、まるでポップミュージックのメリーゴーランドのようです。


TVで聴く限りは、朝ドラが似合う、割と「ライト」な印象でしたが、その全貌は、恐ろしいほどに濃密なアイデアが詰め込まれた作品でした!

 

f:id:nusk:20180820224546j:plain

 

 

CDでのリリースは?

 
文字通りたくさんのアイデアが濃縮された新曲「アイデア」。

アートワークも素敵なので、是非ともCD化を期待したいですよね。

星野源カップリング曲は毎回とんでもないクオリティなので、CD化されれば、新曲も収録される可能性が高いです。

 

f:id:nusk:20180820224754j:plain

 

 

ニューアルバム大予想!


さて、「新曲」といえば、何と言ってもニューアルバムですよね。

ファンだけでなく、国民の80%くらいが待望しているのではないでしょうか。いいすぎ?笑

 
次回のアルバムには、この「アイデア」以外に、ドラえもん」「Family Song」そして「恋」が収録されるとみてほぼ間違いないでしょう。

 
キャッチーなシングル曲が出揃っているだけに、アルバム曲はよりディープな、「ダークサイドオブ星野源」が堪能できるのでは、と私は踏んでいます!

 

f:id:nusk:20180820225151j:plain

 


そして、以前の記事でも述べたように、前作「YELLOW DANCER」で掲げた「イエローミュージック」の啓蒙をさらに推し進めていくのではないかと思います。

 
なので、アルバムタイトルはおそらく前作を引き継いで、「YELLOW ●●●●」という形になる!と私nuskは大予想します!

 

 

f:id:nusk:20180820225344j:plain

 


…と、ひとり勝手に盛り上がっておりますが、残念ながらニューアルバムに関しては、一切音沙汰なし(泣)

 

しかしながら、シングルがこれだけ揃っている以上、やはりリリースの日はかなり近いのではないでしょうか?

 
いずれにしても、今回の「アイデア」で、俄然ニューアルバムの期待値が高まりました!

 

ファンの皆さん、SNSでつぶやきまくって、あせらずじっくり急かしていきましょう。

 

f:id:nusk:20180820225548j:plain

 ニューアルバムまだーー??

 

 

 

 

 

James Blake

James Blake

 
New Forms

New Forms

liminal

liminal

 

 

 

nusk.hatenablog.com

 

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com