音楽の聴かず嫌い。 ~洋楽ロック完全攻略メソッド~

「良さがわからない」音楽(主に洋楽ロック)のHow to listenをレクチャーするブログ。

Spotifyの「無料版」を音楽好きの皆さんに"あえて"オススメしたい理由

f:id:nusk:20180819221406p:plain

 

音楽の楽しみ方を根本から変えてしまった音楽ストリーミングサービス。

その頂点に君臨するのがSpotifyです。

そのサービスをフル活用するには有料のプレミアム会員になる必要がありますが、それに対して、限られた機能しか使えない無料会員という選択肢もあります。

ネットでは「広告うざい」「ストレスたまる」などマイナス評価の声の多い無料会員ですが(そりゃそうですよね、無料ですもの)、ひとつだけ「無料会員でよかった!」と思える点があったのでお伝えしたいと思います。

 

今回は、そんな嫌われ者のSpotify無料版を「あえて」オススメしていきたいと思います!

 

 

f:id:nusk:20180819221145j:plain

 

 

 

プレミアム会員の凄いトコロ

 

Spotifyが優れているのは、何と言ってもその膨大なディスコグラフィーでしょう。

Spotifyにないアルバムを見つける方が難しいというほど、古今東西のポップミュージック、インディーズアーティスト、果てはジャズ・クラシックまでも網羅しています。(J-POPは利権問題からか、かなり少ないですが・・・)

 

そんなSpotifyの膨大なディスコグラフィーを、いつでも・どこでも・好きなだけ聴けるようになるには、プレミアム会員(有料版)になる必要があります

月額980円。

サービスの充実度と比べると、破格の安さですよね。

 

 

さて、ここまで褒めておきながら、私はSpotifyプレミアム会員ではありません。

堂々たる無料乞食会員です。

 

f:id:nusk:20180819234436j:plain

 

もちろん有料版のデメリットなんてお金を払うこと以外ありませんし、この記事はネガティブキャンペーンでもないので、皆さんには是非ともプレミアム会員になっていただきたいです。だって無料会員ってものすごくイライラするんです。

 

 

Spotify無料版はすごくイライラする

 

Spotify無料版は、アルバム曲順再生できないし、一定間隔で広告がでるし、無関係な「おすすめ曲」が流れるしで、ほんっとうに煩わしいです。

 

ちょうどSpotifyが日本進出してきた一昨年の冬ぐらいに、お試しキャンペーンで7日間だけ無料でプレミアム会員になってみたのですが、まさに天国でした

テンションあがりすぎて、(クリスマスも近かったこともあり)大好きな「Joy To The World」で検索をかけて、2時間くらいぶっ続けで、JTTWカバーメドレーを満喫したほどです。

 

f:id:nusk:20180819223228j:plain

 

 

それでも無料版をオススメしてみる

 

さて、無料版の煩わしさと、プレミアムの快適さをここまで語っておきながら、無料版をあえてオススメしようとしてるのですから、私は相当にひねくれ者です。

 

結論を申し上げますと、私がSpotify無料版を推薦したい理由は、「おすすめ曲」にあります。

 

「おすすめ曲」とは?

 

無料会員の皆さんはすぐにピンときたことと思いますが、「おすすめ曲」とは、再生しているアルバムやプレイリストの合間に再生される、「今再生してるアーティストが好きな貴方におすすめの曲」のことです。

ずっと流しっぱなしにしていると、広告よりも高い頻度で差し込まれるこの「おすすめ曲」。

さぞ邪険に思われている方も多いでしょう。

 

確かに自分が聴きたいアーティストとは違う曲が再生されるとイラっときますよね。

しかし、この「おすすめ曲」、おすすめ精度がめちゃくちゃ高いんです

 

「おすすめ曲」エピソードその1

 

一年ぐらい前に、デヴィッド・ボウイを垂れ流していると、レモン・ツィッグスというサージェントペッパー期のビートルズを現代に蘇らせたような素敵なデュオに出会い、速攻でCDを注文しました。

今でこそ日本でも有名なアーティストで、11月に東名阪ツアーもやるみたいですが、4ADという有名なレーベルには所属していながらも、当時はほとんどネットに日本語記事がほとんどありませんでした。

 


The Lemon Twigs - These Words

最高のビートルズ・ポップ。毛皮のマリーズをとびっきり洗練させたような感じ。ドラムが歌う歌う。

 

 

「おすすめ曲」エピソードその2

 

また、そのレモン・ツィッグスのCDが届く前に、彼らの曲をSpotifyで聴いてると、「オススメの曲」に、またもや、聴いたことのないモノスゴイ曲が、彗星のごとく流れてきました

「キタ!またもや驚異の新人!」と思い、iPhoneの画面をみると、アーティスト名にはなんと"Prince"の文字が。

 

f:id:nusk:20180819231923j:plain

 

 

Dionne

Dionne

  • プリンス
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

アコギ弾き語りから始まりますが、曲が進むにつれて、分類不能ブラックホール・ポップに

1998年時点の未発表曲らしいですが、「2018年、驚異の新人現る」って聴かされても、疑いようがないクオリティ

調べてみると、4枚組未発表曲アルバム(!?)の4枚目に収録されていたアコースティック・アルバムに収録されていました。

これがボツ曲中のボツ曲というわけですかい、プリンスさん・・・

 

クリスタル・ボール

クリスタル・ボール

 

 

 

残念ながら、Amazonでは廃盤状態で、CDで買うと1万円以上しますが、Spotifyでは全曲聴けます!無料で!

 

 

プリンスとはマイケル・ジャクソンやマドンナと同じ、俗にMTV世代と呼ばれる、大物シンガーソングライターです。音楽好きであれば知らない人はいないでしょう。

実はこの「プリンス」ですが、私nuskが、音楽オタクを自称していながらも、キチンと聴けていない有名アーティストのひとりなんです

2014年くらいにニューアルバムが出た時も、来日した時も、そして2016年に逝去したときも、ちょこっと聴いてみたのですが、やはりピンときませんでした。

 

言い訳すると、ひとつは、プリンスの音楽性があまりに雑食的すぎる(安易なカテゴライズを許さない)こと、公式アルバム数が50以上もあり、何から聞けばいいかわからないということ、などがあります。

 

しかし、一番の「壁」はやっぱりビジュアルイメージですかね。。

 

f:id:nusk:20180819231022j:plain

 

濃。

 

 

やっぱり「聴かず嫌い」ってコワイ。

現在Amazonメルカリ総動員でプリンスのアルバム絶賛収集中です!

 

 

「おすすめ曲」で新しい音楽との出会いを!

 

さて、少々雑になってしまいました。

散々不評なSpotify無料会員ですが、本来煩わしい「おすすめ曲」再生機能で、自分の嗜好に近い、新しい音楽に出会えたり、私の場合の「プリンス」のような先入観のある「聴かず嫌い」のアーティストを新鮮な気持ちで聴きなおしたりできるんです。

「ラジオ」と同じような感覚ですね。Spotifyは中々に信頼のおけるDJですよ。

 

f:id:nusk:20180819235658j:plain

 

 

もし私が、自分の聴きたい曲だけを聴ける「プレミアム会員」だったら、私が「プリンス」と出会うのはもっともっと先のことになっていたでしょう。

 

 

ビバ!乞食ユーザー無料会員!!

 

 

 

 

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com