音楽の聴かず嫌い。 ~洋楽ロック完全攻略メソッド~

「良さがわからない」音楽(主に洋楽ロック)のHow to listenをレクチャーするブログ。

女性シンガーソングライター特集!邦楽フィメールSSWの夜明け。

 

 

申し遅れましたが、私nuskには、2人の娘(5才/3才)がおります。

 

それはそれは、天使のような可愛さです。

 

 

f:id:nusk:20180725214351j:plain

 

 

 

 

そんな娘たちが近頃、幼稚園で覚えてきたであろう「チ●チン」とか「ウ●コ」とかいうお下品な単語を、毎夜連呼しては笑い転げてます。

 


それに対して、

「女の子はそんなことは言いません!」

「もっと女の子らしくしなさい!」

と叱りつける毎日。

 

 

 

そんな中、TVアニメHUGっと!プリキュアにハッとさせられた出来事がありました。。

 

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

 「女の子だってヒーローになれる」

「男の子だってお姫様になれる」

 

 

まさかプリキュアジェンダーを語るとは。

 

「女の子らしく」と当たり前のように発してた言葉を、少し考え直さないといけないなぁと思った今日この頃です。

 

 

今、女性シンガーソングライターがキテる。

 


さて、本題です。

そんな「女性らしさ」「女の子らしさ」という狭いカッコでくくれないような、個性的な女性SSW(シンガーソングライター)が、続々と頭角を現しています!

 

 

 

 

f:id:nusk:20180725212147j:plain

 

 

 

彼女たちは、「なんとなく成行きでバンドやってまーす」的な、凡百のバンドマンが100人束になっても敵わない、強い芯と、アーティストとしての表現力を持ち合わせています。

 

今日はその中でも一押しのアーティストを4人(組)に絞って紹介していきます!

 

 

 

 

CHAI

 

 

まずは女性4人組バンドCHAIです。脱毛サロン ミュゼプラチナムのCMにも起用されているので、ご存知の方も多いでしょう。

「もうすでにブレイクしてんじゃん!」との声もあるでしょうが、いえいえこんなもんじゃありません。

なんせ彼女たち「グラミー賞」狙ってますから。

 

 

 

 


最初は、

「ハイハイ、どうせチャットモンチーSHISHAMOの系譜でしょ」

なんて思ってスルーしていましたが、よくよくみてみると…

 

 

 

f:id:nusk:20180725200913j:plain

 

 

 

 

 いや待てよ、なんかおかしいぞ… 

 

「ド●ス」しかいないじゃないか!!

 

 

 

 


そうです。チャットモンチーSHISHAMOは、あくまで愛嬌のある「ちょい●ス」でした。

 

 

しかしCHAIのメンバーはもれなく、一人余さず、

混じり気なしの●スなのです。

 

 


やっと言えます。

シャグスの再来だー!!

 

 


5 - My companion

 

ザ・シャグス60'sアメリカンサイケを聴く上で必ずブチあたる「試金石」とも言えるバンドです。

およそ50年の時を超えてCHAIと通じあう、インパクトのあるビジュアルもさることながら、驚くべきはその演奏力です。

「ヘタウマ」なんて上品なものではありません。単なる「へたくそ」です。

この怪しいグルーヴを「サイケデリック」と呼べるかどうか、あなたの素質が試されます。

 

 

 

 

現代のシャグス!日本のシャグス

思わぬところでテンションが上がってしまい、コイツらきっと普通じゃないな、とYoutubeで音源を聴いてみました。

 

ガールズバンド御用達のギターロックでもテクノポップなく、CHAIのサウンドは、紛れもなく「ポストパンク」でした。

 

 


CHAI - N.E.O. [YouTube Music Sessions]

 

 

ストパンクとは?


ストパンクとは、1970年代後半パンクロック終焉の後、パンクの精神を受け継ぎながらも、音楽的に多様化していったバンド群の総称です。

「ポスト」パンク=パンクの後釜、ということですね。

 

音楽性は様々ですが、従来のロックバンドに比べて、クールで簡素なサウンドを目指しました。

 

 


Joy Division - Transmission [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

 

やけに高い音を奏でるベースと、高速で刻まれるハイハット

当時のリスナーからすると、一昔前の「オールドロック」を遥か銀河系の彼方へぶっ飛ばすほど、革新的でクールだったのではないでしょうか。

 

 


Young Marble Giants- Wurlitzer Jukebox

 

 隙間だらけの音作り。ドラムス不在。やる気のないボーカル。

ブルースに根差した旧来のロックとは一線を画した自由なサウンドはニューウェーブとも呼ばれました。

 

 

ストパンクの「クール」なサウンドを継承したCHAIというバンドは、「ちょい●ス」ではなく、「クール●ス」と呼ぶに相応しいのではないでしょうか? 

そう、真夏のサラリーマンの必須事項ですね(それはクールビズ!)

 

 CHAIと「ポストパンク」のついては別記事でまとめました。

nusk.hatenablog.com

 

 

 

柴田聡子

 

 


柴田聡子「後悔」(Official Video )

 

 

 

 

なんやコイツ!今度はド直球の「ちょい●ス」やんけ!

 

 

 


スミマセン、もうやめておきます。

女の子の親として、ものすごく恥ずかしくなってきました。。

 

 

 

 音楽的には、ゴリゴリの極上シティポップです。

「ゴリゴリのシティポップ」というと、「白いブラックサンダー」みたいなおかしな感じがしますが、気にしないでください。

 

バンドサウンドの都会的なアレンジも、スパイスを効かせつつ綺麗にまとまっていて、軽やかなボーカルと見事に調和しています。

 

フーセンの空気が抜けて飛んでいくような歌い方がとてもキュートです。

 

 

荒井由実の「中央フリーウェイ」を思い起こさせます。

 


Arai Yumi- 中央フリーウェイ

 

シティポップという河川があるとすれば、この曲と、この時代のユーミンは、その最上流に位置すると個人的に思っています。これほど澄み切ったメロディーとサウンドがあるだろうか。

 

 

 

 iri

 

 

お次は嗜好を変えて、R&B系のSSW。

 

 


iri 「Corner」 Music Video

 


spotifyのオススメに出てきましたが、そのハスキーなボーカルが醸し出すLAZYな雰囲気に一発でやられてしまいました。

 

若干24歳で、完全に堂に入ってます。

ボーカリストのしてのオーラがハンパないです。

経歴を調べてみると、JAZZバンドでボーカルを務めていたとのこと。道理で。

 


日本では珍しく、楽曲ごとにプロデューサーを変えるというU.S.Aなスタイルでアルバムを制作しています。

コラボしている制作陣には、5lackケンモチヒデフミ(from水曜日のカンパネラ)などのビッグネームも。

 


スモーキーでジェンダーレスなボーカルスタイルは、JAZZシンガーのカサンドラ・ウィルソンを彷彿させます。

 


Cassandra Wilson - Blue Light 'Til Dawn

 

 男性?いや女性?あれやっぱり… 歌声が渋すぎて、最初ラジオではじめて聴いたときは、本当に男女の区別がつきませんでした。

しかし、闇夜から忍び寄る蛇のような、湿度の高い歌声に、一瞬で虜になりました。

忍び寄るスライドギターと、音の隙間を生かした大人なアレンジも見事。

 

 

 

 吉澤嘉代子

 

 

今回紹介したアーティストの中では、ボーカリストとしての表現力がダントツでNo. 1です。

 

 


吉澤嘉代子「残ってる」MUSIC VIDEO

 

 


吉澤さん、「からだの奥に残ってる」はマズくないですか?

 

クリープハイプばりの「内角攻め」の歌詞は置いといて…

 

この人は何より歌が凄いんです。

 

 

なんというか、歌声にエグみがあって、声色にいくつもバリエーションがあって、その切替えがものすごく上手です。

 

にもかかわらず、ごく自然に流れるようなフレーズを歌います。

 

うまく伝わっていないと思いますが、こんな時に便利な言葉があります。

つまり「天才」ということです笑

 

以前紹介した崎山蒼志くんにも通じる要素かもしれません。

 

 

nusk.hatenablog.com

 

 

 

エグみのある歌声と流麗さの同居は、椎名林檎(昔に比べて格段に歌唱力あがってますよね)や、イギリスのSSWジョニ・ミッチェルを思わせます。

 

 


All I Want - Joni Mitchell (original)

 

 

 生活感のある、少々キワドイ歌詞世界と、情感のこもった歌い方は、先程も言及した通り、クリープハイプにも似ていますね。

 


【癖になる】クリープハイプ - おばけでいいからはやくきて

 

 

 

 


以上、女性SSW特集でした!

 

今回紹介したどのアーティストも、「女性」であることを武器にせず、かつ「女性」であることと常に向き合いながら、立派なひとり(1組)の音楽家として、自らのキャリアを着実に進めていますね。

 

1年先には、いずれのアーティストも間違いなくブレイクしてるはず。

 

彼女たちのDay Break(夜明け)は近い!!

 

 


…さて、これから娘の教育方針会議をはじめたいと思います。。

 

では。

 

 

 

PINK※CDのみ

PINK※CDのみ

 
愛の休日

愛の休日

 
Juice(初回限定盤)

Juice(初回限定盤)

 

 

残ってる (初回限定盤)

残ってる (初回限定盤)

 

 

 

 

 

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com