音楽の聴かず嫌い。 ~洋楽ロック完全攻略メソッド~

「良さがわからない」音楽(主に洋楽ロック)のHow to listenをレクチャーするブログ。

【追悼・丸山晴茂】「ロックバンド」としてのサニーデイ・サービスを担った男

 

 

先日、いつものように目的もなくネットを徘徊していると、あるニュースが目に飛び込んできました。

 

それは、サニーデイ・サービスのドラマー、丸山晴茂が5月に亡くなっていたというニュースでした。

 

 

rose-records.jp

 

 

サニーデイ・サービスはここ最近リリースペースが異様に早く、ちょっと情報を整理しようと公式をウロウロしていたところでした

 

 

 

 

サニーデイ・サービスに欠かせない存在

 

 

訃報を知ったとき、脳裏に浮かんだのは、丸山晴茂さん本人の顔や姿ではなく、彼のドラムのフレーズと音色でした。

 

もっと具体的に言うと、「baby blue」の冒頭アコギパートからバンドサウンドに移行する際の、「寝ぼけまなこ」のフィルインと、「埃っぽい」のスネアの音色でした。

 

 


サニーデイ・サービス - ベイビー・ブルー

 

 

亡くなった人の顔に泥を塗るような言い回しで申し訳ないのですが、「絶妙なタイム感」とかいうフツーの表現では、丸山晴茂のドラマーとしての個性は言い表せないのです。

 

それぐらい、彼のプレイには特別感がありました。

 

私は、丸山晴茂のドラムがなければ、「ロックバンド」としてのサニーデイサービスは成立しえなかったのではないかと思っています。

 

 

f:id:nusk:20180721180638j:plain

 

 

 

ご存知の通り、2016年のアルバム「DANCE TO YOU」では、丸山氏はほとんど参加していないのですが、曽我部恵一は外部からのサポートを用意せず、自らドラムを叩きました。

 

 

 

natalie.mu

 

 

 

実際に叩いてなくても、いつも晴茂くんがいてバンドを動かしてるような感じがする。どこかで見えない力が働いてる。自分でドラム叩いてても、晴茂くんだったらこう叩くんだろうなって思いながらやってる

 

 

 

曽我部のこの感情には、なんとなく共感できるものがあります。

 

インタビューにあるように、「桜super love」の歌詞に出てくる

「きみがいないことは きみがいることだなぁ」

という印象的なフレーズが、まさしくこの心情をうまく言い表しています。

 

つまり、「不在」=「喪失」ではなく、「不在」であることがそのものの「存在感」を際立たせる、ということを、曽我部は悟ったのです。

 

 

そしてこのエピソードは、ビートルズリンゴ・スター不在事件」を思い起こさせます。

 

f:id:nusk:20180721174647j:plain

 

 

アルバムレコーディング期間中に、ドラマーのリンゴ・スターが、ビートルズ脱退を宣言しました(結局すぐ戻るのですが)。

 

スケジュールの関係上、リンゴ不在のまま、ポール・マッカートニーが、かわりにドラムスティックを握り、レコーディングを続行したという名エピソードです。

 

 

Dear Prudence

Dear Prudence

  • provided courtesy of iTunes

 

 

私は、リンゴ・スターをロック・ポップス界最高のドラマーだと確信しています。

 

しかし、この「Dear Prudence」におけるポールは、リンゴのドラミングを完璧にシミュレートしていると思います。

 

このリンゴとポールの関係性と同じように、常に一緒にいたこと、プレイを間近にみていたことで、曽我部は、丸山晴茂の「フィーリング」が染みついていたのではないでしょうか。

そして、丸山の「フィーリング」こそが、「サニーデイ・サービス」というロックバンドの必要条件なのではないかと思っています。

 

 

丸山晴茂サニーデイ・サービスというバンドの中に、今も息づいています。

 

そしてバンドは、丸山晴茂に支えられながら、これからもずっと、続いてくことでしょう。

 

 

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

DANCE TO YOU

DANCE TO YOU

 
サニーデイ・サービス

サニーデイ・サービス

 

 

 

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com