音楽の聴かず嫌い。 ~洋楽ロック完全攻略メソッド~

「良さがわからない」音楽(主に洋楽ロック)のHow to listenをレクチャーするブログ。

【楽曲解説】崎山蒼志、初スタジオ音源 本日解禁!!

 

 

前回緊急特集しましたが、天才シンガーソングライター、崎山蒼志くんの初スタジオレコーディング音源が本日リリースされました!おめでとうございます!

 

 

 

 

f:id:nusk:20180718134451j:plain

 

 

 

 

崎山くんは今、邦楽ロック界、邦楽フォーク界の革命児と言える存在になりつつあります。

 

 

 

 

崎山蒼志の「スゴさ」「得体の知れなさ」については別の記事でアツく解説しましたので、未読の方は是非以下からご覧ください!

 

 

 

nusk.hatenablog.com

 

 

 

今回配信された楽曲は、夏至「五月雨」の2曲です。

 

 

 


崎山蒼志「夏至」(MV)


崎山蒼志「五月雨」(MV)

 

 

夏至

 

スロウなバラードも、彼の手にかかれば甘さゼロ、カロリーゼロ。

このクソ暑い夏の日の一服の清涼剤になってくれること必至です。

 

「五月雨」に比べてコード感が薄く、空間的な音作りですが、サビに入ると一転して「エモさ」が際立ちます。

 

アコギのキメ細やかな爪引きが、10代の心を映し出すようです。

 

 

 

「五月雨」

 

samidare~五月雨~」として、ネット番組でバズった話題曲のリアレンジです。

 

おそらくこれが決定版ということでしょう。

 

歌メロ、歌唱、歌詞、コード進行、豪快かつ繊細なギターカッティング・・・ どれをとっても一級品!

 

スタジオ音源をこんなに早く聴けるとは、ほんとうに感無量です。

 

 

 

 まとめ

 

この「夏至」「五月雨」をじっくり聴いてみて気づいたのは、アコギの音が少しザラついていて、金属的だということです。

 

あえてそういう音を目指してマスタリングされてるのかもしれません。

 

もしそうであれば、レコード会社さん、崎山くんの特性をよく理解されています。

 

「金属的」と表現しましたが、崎山くんの「右手」と「左手」が丁寧に繰り出す音の、「粒立ちの良さ」は、まったく損なわれていませんのでご安心ください。

 

是非とっておきのヘッドホンで聴いてみてください!

 

 

また、「五月雨」をB面にもってくるところも、レコード会社と崎山くん本人の揺るぎない自信、そしてまだまだこんなものじゃない」という意気込みがびりびり伝わってきます・・・!

 

 

気が早いですが、次は物理的なマテリアルを欲してしまいます。。

 

 

 間違いなく今後の邦楽界を揺るがすであろう崎山蒼志くんの、大きな一歩です。

 

 

 

皆さん是非ともフルで聴いてみてください!!

 

 

iTunes音源のダウンロードはこちら↓

 

夏至

夏至

  • 崎山蒼志
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
五月雨

五月雨

  • 崎山蒼志
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtsy of iTunes

 

 

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com

nusk.hatenablog.com